ONE OK ROCK

2015.12 : ONE OK ROCK

ドコモCM続編も!ONE OK ROCK(ワンオクロック)の歴代CMソングまとめ

NTTドコモのiPhone、iPadCMソングに、「Cry out」「Wherever you are」の異例の2曲タイアップに続き、未発表曲「Always coming back」が最新CMに起用されたONE OK ROCK(ワンオクロック)。そんな彼らの歴代ソングには、CMに起用された名曲が多くあるのをご存知ですか?ぜひ聴いてもらいたいCMタイアップ曲を紹介します!

NTTドコモ 感情の全て仲間編「Always coming back」

前作同様、松潤似の注目イケメン俳優・村上虹郎と、北海道出身若干15歳の久保田紗友他、出演者にも注目が集まるドコモCMに、未発表新曲「Always coming back」が起用されました。夢を追いかける若者を、ロックシーンを走り続けるワンオクの楽曲が盛り上げます!

NTTドコモ 感情のすべて男女篇「Cry out」

なんとも甘酸っぱいカレカノCM。疾走感のあるワンオクの「Cry out」が、どんどん変化していくシーンに絶妙にマッチしています。

NTTドコモ 感情のすべて家族編「Wherever you are」

男女編とは打って変わって、感動的な家族の絆を描いた家族編。落ち着いたサウンドをバックに感情を込めて唄うワンオクTakaの声が、雪景色をあたたかく包みこんでいます。

スズキスイフトスポーツ「Deeper Deeper」

ワンオクのCMタイアップソングで最も有名なのはこの「Deeper Deeper」 。水しぶきをあげ駆け抜けるスイフトスポーツを、疾走感・躍動感あふれる「Deeper Deeper」がより鮮やかな映像に魅せています。

レコチョク「Re:make」

街頭広告で見たことのある方もいるのでは?レコチョクのCMソングに起用された「Re:make」は、王道ロックサウンドがキモチイイ、ワンオク人気曲です。

PS4龍が如く維新「Clock Strikes」

直訳すると「時計が(◯時を)告げる」という意味のタイトルの「Clock Strikes」。刻一刻と変化していく、明治維新の混沌をドラマチックに描くゲーム「龍が如く維新」の世界をまさに体現するタイアップとなりました。

いかがでしたか?透明感がありながら情緒あふれるTakaの歌声、躍動的で心をつかむサウンドが、映像の世界をより一層印象づけるものにしています。今回はCMソングを紹介しましたが、映画・ドラマなどあらゆるジャンルでタイアップを行っているONE OK ROCK(ワンオクロック)。今後の活躍に期待です!

【新着の関連記事】

ワンオクの新曲MV・ニュースを無料で超カンタンに見る方法って?
https://kulture.kola.jp/articles/767

【人気の関連記事】

圧倒的カリスマ性!奇跡の歌声を持つONE OK ROCK・Takaの魅力
http://kulture.kola.jp/articles/95

沈着なリーダー!ONE OK ROCKのToruの魅力
http://kulture.kola.jp/articles/240

激しくて熱い!やみつき必至のONE OK ROCKライブの魅力
http://kulture.kola.jp/articles/96

名作揃い!ファンに人気のONE OK ROCKアルバムまとめ
http://kulture.kola.jp/articles/192

ワンオク(ONE OK ROCK)の人気の秘密は歌詞にあり
http://kulture.kola.jp/articles/97

この記事を友達に共有する

ONE OK ROCK

ONE OK ROCK

最新情報をKOLAアプリで受け取る

2005年に結成され、インディーズ活動を経て、2007年に初のシングル「内秘心書」でメジャーデビューした「ONE OK ROCK」(ワンオクロック)。結成当時のメンバーはToru、Ryota、Alex、Youの4人だったが、メンバーの入れ替わりにより現在ではTaka・Toru・Ryota・Tomoyaの4人組である。エモ・ロックを中心とした音楽性と、とがったライブパフォーマンスで若者の間で人気がある。ライブハウスツアー、夏フェスなどが、「ONE OK ROCK」のライブ活動の中心であり、2010年は日本武道館ワンマンライブ、2012年は横浜アリーナで2日間のライブを開催。2013年に6枚目のアルバム「人生×僕=」をリリースし、「ONE OK ROCK」史上最大規模の全国6カ所11公演10万人越えのアリーナツアーを開催。また、2015年2月11日にはニューアルバム「35xxxv」を発売。同年7月8日、ついに米国のレコード会社と契約し、9月25日には待望の「35xxxv Deluxe Edition」北米で発売の予定を発表。アジアやヨーロッパを中心に世界各国でのツアー、米国ではフェスや単独公演の実績もあり、世界を股にかけるバンドである。

KOLAを友達に共有する